Vtuber

花譜の中身は現役の女子高生!中の人共に成長する、異色のVtuberの素顔に迫る!

バーチャルyoutuberの

花譜(かふ)をご存知でしょうか?

 

2018年の10月に、

突如としてyoutubeにてデビュー。

 

透明感ある歌声、

聴くものを魅了する幅広い歌唱力に、

ネットを中心に話題に。

 

そして、なんと

花譜の中の人声優)は、現在も女子高生。

 

さらに、デビュー当初

13歳の中学生だったのだから驚きである。

 

そんな花譜、さらには中の人は

一体どんな人物なのか、

その中身に迫りたいと思います。

花譜ってどんなVtuber?

出典:youtube

バーチャルyoutuberの「花譜(かふ)」。

 

2018年の10月18日に、

突如として現れたバーチャルyoutuber。

 

オリジナル曲・カヴァー曲など、

を中心に

活動をしているVtuberです。

 

youtube広告で、

コチラの動画の楽曲が流れ「花譜を知った」

という方も多いかと思います。

事実、コチラの「過去を喰らう」という楽曲は、

広告や口コミなどで広まり、

花譜の楽曲でも1番の再生数を誇ります。

 

吸い込まれそうなほど、

透明感がある花譜の歌声。

 

時には力強く、

時には触れるだけで崩れそうなほど繊細。

 

そんな幅広い歌の表現力を持つ、

歌唱力も花譜の魅力の1つとなっている。

 

その歌声は、聴く人の心を掴み、

2曲目のオリジナル曲「心臓と絡繰」で、

100万回再生以上を記録!

そして、

ボーカロイドなどの作曲者として知られる

カンザキイオリ」が、

花譜のオリジナル曲の全てを担当。

 

花譜にしか出せない世界観を、

最大限に引き出す楽曲も、

話題となる1つの要因となっている。

 

さらに、バーチャルの世界を飛び出し、

2019年8月1日には、

生バンドを従えライブを開催。

出典:Twitter

そして、ライブ開催のために行った

クラウドファンディングでは、

目標の500万円を大きく上回り、

なんと4000万円を集めるほど!

 

そういった面からも、

花譜が話題になっていることがわかり、

Vtuberという枠を超え、

1人のアーティストとして認められている。

中の人と共に、成長するVtuber

出典:instaglam

そして、さらなる特徴として

花譜は中の人と共に

成長をするVtuberなのです。

 

花譜は「15歳になった」と、

自身の年齢について発言しています。

これはキャラクターの設定ではなく、

実際に声を担当する、

中の人声優)の年齢なのです。

 

中の人が誕生日を迎えれば、

花譜の年齢も上がる。

 

そして、中の人は現在高校生なので、

花譜も制服を着ている。

出典:instaglam

そして、中の人が高校を卒業すれば

花譜も制服を着ることは無くなる。

 

このように、中の人に起こることは

キャラクターにも反映され、

中の人と花譜は共に成長をしている。

 

他のVtuberやアニメのキャラは、

キャラクターの見た目・設定などで、

声優がそのキャラを演じる。

 

だが花譜は、

中の人がキャラクターを演じることはせず、

ありのままの姿を届けている。

 

では、そんな花譜の

中身はどんな人物なのでしょうか?

 

それでは、見ていきましょう。

花譜の中の人(声優)はどんな人?

出典:youtube

花譜の中の人声優)に関する、

確定的な情報は、

現在高校1年生の女の子という点。

 

なのでデビュー当初は、なんと中学生!

 

そのため、中の人が“高校受験”のため

活動を休止したこともあります。

高校へ入学し、

「部活は、音楽ができたら嬉しい」

と発言してました。

 

なので、吹奏楽や軽音楽部、

合唱部に入部した、

なんて想像ができますね!

 

そして「にほんのどこかにいる」

と自己紹介しているが、

東北出身であることが判明している。

出典:instaglam

花譜は過去に、

カラオケアプリの紹介欄に「東北出身」

と記載されていました。

好きな色は「白色」、

雪が好きだからという理由だそうです。

 

東北出身なので、

雪を見る機会も人より多いのでしょう。

 

そして「花譜」としてデビューするまでは、

プロの歌手などの、

訓練は一切受けていない完全な一般の方。

 

そして中の人は、

「かなりの引っ込み思案」な性格。

 

音楽・歌うことは好きだが、

「デビュー前は、自分の声を聞かれるのが嫌いでした

と発言をしています。

 

そして花譜の運営スタッフも、

「彼女は、恐ろしく引っ込み思案な性格」

と発言しているほど。

 

そんな花譜の中の人(声優)が

デビューするまでには、

様々な困難があったのです。

花譜として、デビューするまでの経緯

出典:instaglam

中の人(声優)が、

花譜としてデビューする経緯について、

運営がコチラで説明しています。

花譜の運営チームが、

中の人と出会えたのは、

本当に偶然で奇跡だったと答えています。

 

プロとしての技術や経験はない、

だが確かな「才能」を、

中の人に感じた花譜の運営チーム。

 

しかし、出会った時当時、

の中の人は中学生で13歳でした。

 

さらに、上記でも触れましたが

東京から遠く離れたところに住んでいました。

 

そして、中学生である娘を心配し、

顔出しで活動させることに、

強い抵抗をいだく中の人の両親。

 

そういったことや、様々な事情から

本格的な音楽活動は、

実質不可能な状況にありました。

 

なので、

運営チームも一度は諦めかけました。

 

しかし、中の人の才能は確かなもので、

世に出さないのは、

余りに勿体無いと思う運営チーム。

 

こういった考えから、

当初はバーチャルyoutuberではなく、

1人のアーティストとしてデビューさせたい

と考えていたと推測できます。

 

デビューが不可能な状況を回避すべく、

運営チームが出した答えが、

バーチャルユーチューバーという道。

 

Vtuberでしたら「顔出し」の必要なく、

遠く離れた場所でも、

未成年が安全に活動できることを説明。

 

そして、中の人のご両親も

活動に理解を示し、

花譜として2018年に10月にデビュー。

 

月に1度、母親同伴で東京へきて、

歌のレコーディング、

収録などを行なっています。

 

そして今では、多くの人に聴かれ、

ライブを行うまでに、

人気を伸ばしている花譜。

 

ですが、そんな花譜に

ある疑惑が上がりることになるのです。

 

それでは、花譜に関するについて

解説したいと思います。

花譜はソニー所属?再生数を買っている疑惑が!?

出典:youtube

2018年10月の動画投稿から、

1ヶ月という速さで

動画で100万回再生を記録した花譜。

 

このことから、一部の間で

・実は、花譜はソニー所属のプロの歌手

・花譜の運営は、再生数を買っている

という噂が出るようになりました。

 

そしてこの噂に関し、

どちらもデマであることが判明しています。

 

それでは、1つ1つ見ていきましょう。

花譜が、ソニー所属でプロの歌手という噂について

出典:youtube

まず当然ながら、

花譜はソニー所属に所属はしていおらず、

元々プロの歌手でもありません。

 

上記の項目でも触れましたが、

花譜の中の人は、

・プロとしての訓練を、積んできた子ではない

・中の人と運営は、偶然出会った

と、運営チームが答えています。

 

そして、花譜運営のコチラのツイート内では、

はっきりと「ソニー所属ではない」と、

噂に関する否定を行なっています。

そして花譜が、所属しているレーベル。

 

花譜の楽曲の、全てを担当している

「カンザキイオリ」という人物。

 

その人物が立ち上げた、

神椿レコード」からCDやグッズを、

出版しています。

 

このことからも、

ソニーとは関わりがないことがわかります。

 

・運営が、花譜の中の人は元からプロではないと言及

・運営が、花譜はソニー所属のVtuberではないと発言

・花譜は、ソニーではないレーベルに所属

以上のことから、花譜の中の人は

ソニー所属のプロの歌手ではないです。

再生回数を買ったという噂について

出典:youtube

そして、

運営が再生数を買ったという噂も、

当然ながらデマとなります。

 

再生数を買ったという噂に対し、

運営はコチラのように回答しています。

運営は、花譜の楽曲に関し

「国外の方でも、興味を持ってもらえる可能性がある」

と思い、youtubeで広告を出します。

 

それは「TrueView広告」というもので、

運営は花譜の楽曲を、

youtube上で宣伝を行うのでした。

 

皆様も、youtubeを見ていて、

動画の視聴前に「5秒でスキップできる広告

が流れてきたことがあると思います。

 

それが「TrueView広告」というものです。

 

その広告を用いた場合、

5秒後にスキップをせず30秒以上、

もしくは動画を全部視聴した場合、

1再生追加される仕組みです。

 

そして「TrueView広告」は、

youtubeの

正式な広告形態の1つです。

 

なので、

業者から再生数を買ったのではなく、

純粋に花譜の歌声・楽曲の魅力で、

再生数を獲得していたのです。

 

ですが、デビューから1ヶ月、

さらにオリジナル楽曲の投稿としては、

2曲目にして100万回再生。

 

Vtuberとしては、異例な速度で

知名度・再生数を急激に伸ばした花譜。

 

そういったことから、

一部の視聴者だけでなくメディアからも、

疑いをかけられることに。

 

ですが「正式な宣伝法」を用い、

そして純粋に、

花譜の歌唱力などが評価された再生数。

 

ですので、

運営が再生数を買ったという噂は、

デマとわかりました!

まとめ

バーチャルyoutuber「花譜」について、

まとめてみましたが、

いかがでしたでしょうか?

 

中の人は、

花譜としてデビューした当時は、

なんと一般の中学生!

 

そして現在は、15歳の現役の女子高生。

 

これからも、花譜と共に成長し

Vtuber界・音楽の業界で

どのような存在となっていくのか。

 

今後も「花譜」から、目が離せませんね!