歌い手

伊東歌詞太郎の素顔は?過去に顔出しをしていた!声の病気で手術!?年齢などを解説!

歌い手の「伊東歌詞太郎(いとうかしたろう)」をご存知でしょうか?

 

この記事では、

・伊東歌詞太郎は顔出しをしていた!

・伊東歌詞太郎は手術をしていた!?

・伊東歌詞太郎の年齢は?

など、伊東歌詞太郎を詳しく解説!それでは見ていきましょう!

伊東歌詞太郎の素顔は?顔バレしてる?

出典:youtube

ニコニコ動画やyoutubeで活躍する、

伊東歌詞太郎(いとうかしたろう)

 

歌い手だけではなく、自身で作詞作曲なども行い、

さらには「家庭教室」タイトルで小説家デビューをしており、

マルチな才能を持ち、様々な活動を行なっています。

 

そんな歌詞太郎は、普段は「キツネのお面」で素顔を隠しています。

出典:Twitter

はたして、素顔はどんな顔をしているのか調査した結果、

なんと歌詞太郎は、過去に顔出しをしていました!

それでは見ていきましょう!

歌詞太郎は、過去に顔出しをしていた!

歌詞太郎は、歌い手として活動する以前は、

バンド活動をしており、そのMVで顔出しをしていました!

 

それがコチラの動画!(※0:49〜や4:40〜で、顔が確認できます)

出典:youtube

 

さらには、過去に「The Magical Steppers」というバンドでも活動しており、

そのライブ映像でも、歌詞太郎の素顔が確認できます!

 

どちらの動画コメントにも、歌詞太郎に関するコメントが多いことから

動画内の人物が、本人であることがわかります!

出典youtube

コメントでは「かっこいい!」や「イケメン!」が多いですね!

管理人的には「とても優しそうな人だなぁ〜」とも思いました!

歌詞太郎の最近の顔写真は?

そんな歌詞太郎の、最近の素顔を確認して見ましょう!

 

歌詞太郎の、最近の顔写真はコチラ!(2018年5月ごろ)

出典:Twitter

やはり、キツネのお面をしていますね。

 

コチラのツイートでは、お面はしておらず雰囲気を確認できます。

目元は隠していますが、最近のMVでも自ら出演しており、

素顔を確認することができます。(※2:11〜あたりなどで、確認できます)

 

歌詞太郎の素顔、いかがでしたでしょうか?

管理人的には「かなり優しそうな雰囲気で、良い人感がすごい!」と思いました!

 

そんな歌詞太郎は、過去に病気になり、手術をしていました。

どんな病気になったのか、解説していきたいと思います!

伊東歌詞太郎は手術をしていた!

伊東歌詞太郎は、

2017年に病気になり、手術をしていました。

 

その病気は、”歌い手”の歌詞太郎にとっては、

とても辛い病気でした。

どんな病気にかかったのか

出典:youtube

2017年11月ごろ、

歌詞太郎は「声帯結節(せいたいけっせつ)」という病気になります。

 

歌詞太郎は自身のブログで、声帯結節になったことを報告しています。

(※歌詞太郎本人のブログから一部抜粋)

昨年の8月末に「声帯結節」というものが喉に出来ました。

これ自体は僕自身、何度も経験してきたことで1~2日歌わずに休めば治るものなのですが、
休むことができませんでした。

そのため医師と定期的に経過を見てもらいつつ悪化しないように努めて活動してきましたが、
今年の6月半ばに結節が固着化し、保存療法では完治しない見込みだと診断を受けました。

この声のまま活動するか、切るか、悩みました。

ステージに立ち、歌い終わって一人になった時、
「楽しかったな」という気持ちだけでなく「今日もバレなくてよかったな」
という気持ちが混ざり始めていることに気がつく。

僕の中でそれは音楽の幸せとは違和感のある感情だと思ったので、
手術することに決めました。

出典:LINEブログ

甲子太郎自身は

「声帯結節(せいたいけっせつ)を、何度も経験してきた」と発言していますが、

今回は「音楽活動が忙しく、悪化してしまった」と説明をしています。

歌詞太郎をおそった、声帯結節とは?

出典:youtube

歌詞太郎をおそった声帯結節とは、どんな病気・症状なのか。

 

声帯結節(せいたいけっせつ)とは、

声帯部分(のど)に、炎症によって出来る“こぶ”のことです。

 

症状としては声がかすれたり、ノドの違和感などが続きます。

 

この病気は、日常的に声を出すことが多い人がなりやすく、

また、歌手の人がなりやすい病気とも言われています。

このことから、歌い手の歌詞太郎にとっては、かかりやすい病気とも言えます。

 

声帯結節は、声を出さず、薬での治療で治る病気ですが、

早く完治させたい場合や、悪化した場合は手術を行うことで治すこともできます。

 

ですが、

今回の歌詞太郎の場合、仕事の忙しさから歌うことを止めることができず悪化、

そして2018年の1月に、手術する形で治すことになりました。

手術後、声が出せなくなる

声帯結節(せいたいけっせつ)の手術を行なった結果、歌詞太郎は声が出せなくなります。

 

歌うことが大好きで、仕事にしている歌詞太郎にとって、

「声が出せない」ことはとても辛く、不安なことだったと推測できます。

 

そして、歌詞太郎のツイートからも、

治るのか不安な気持ち」が伝わってきます。

順調に回復し、声を出せるようになる!

出典:Twitter

2018年1月の手術後、歌詞太郎の病状は順調に回復していきます。

 

2018年の3月にはお医者さんから「声を出しても良い」という許可がおり、

そして、5月には「歌っても良い」という許可がおります!

 

歌詞太郎は、久しぶりに声を出せ歌えることを「すごい嬉しい!」と発言し、

その喜びを、ファンに向けてツイートしています。

さらに手術後は「音域が広くなった!」と発言しており、

手術によって思わぬ結果があったようですね笑

そして、病気は完全に回復し、

歌詞太郎は現在も、歌い手として精力的に活躍中です!

 

歌詞太郎が、声に関する病気で手術をしていたことに驚きました。

声を失うことにならず、本当に良かったです!

 

これからも、

その素晴らしい歌声をファンに届け続けて欲しいですね!

伊東歌詞太郎の年齢は32歳!

出典:youtube

調査の結果、伊東歌詞太郎の年齢は、33歳です!

 

歌詞太郎は2016年に、

視聴者から「30歳おめでとうございます

と言われています。

そして過去に生放送内で、

共演者が歌詞太郎の年齢を“うっかり”発言してしまったことにより、

歌詞太郎は1986年生まれ」というのがバレてしまっています。

 

以上のことから、

歌詞太郎の年齢が、現在は33歳とわかります。

 

声の印象的に「年齢は、いってても20代後半くらいかな?

と思っていたのですが、

予想より年齢がいってたことに驚きました!笑

誕生日は、7月25日!

そして、歌詞太郎の誕生日は、7月25日です!

 

コチラのツイートで、

歌詞太郎が「7月25日が誕生日」とわかるツイートをしています。

このことから、

歌詞太郎の誕生日が、7月25日とわかります。

 

調査の結果、

歌詞太郎の年齢は、33歳とわかりました!

まとめ

歌詞太郎は1986年7月25日生まれの33歳

伊東歌詞太郎の身長は180.5cm!

出典:Twitter

調査の結果、

伊東歌詞太郎の身長は、180.5cmです!

 

歌詞太郎は、自身が上げた動画の概要欄で

「身長が180.5cm」と発言しています。

出典:ニコニコ動画

このことから、歌詞太郎の身長が、180.5cmということがわかります。

成人男性の平均身長が171cmくらいですので、身長は高いですね!

 

そんな歌詞太郎は、身長180.5cmと大柄ですが、

体重はなんと58kgと、

スタイルはかなり細めなことがわかります!

調査の結果、

伊東歌詞太郎の身長は、180.5cmとわかりました!

まとめ

伊東歌詞太郎の身長は180.5cm

伊東歌詞太郎の出身地は東京都の足立区!

出典:youtube

調査の結果、伊東歌詞太郎の出身地は、東京都の足立区です!

 

歌詞太郎の出身地がわかるのは、コチラのツイート!

コチラのツイート内で、

歌詞太郎自身が「東京都の足立区生まれ」と発言しています。

 

このことから、歌詞太郎の出身地が、

東京都の足立区ということがわかります!

 

そんな歌詞太郎は、現在も東京に住んでおり生まれも育ちも東京都ですね!

調査の結果、

伊東歌詞太郎の出身地は、東京都の足立区とわかりました!

まとめ

伊東歌詞太郎の出身地は東京都の足立区

まとめ

伊東歌詞太郎は

・素顔はとても優しそうなイケメン!

・声のに関する病気で手術をしていた!

・年齢は33歳

・身長は180.5cm